2004年05月04日

悲しい讀賣新聞

 以前書いたが、我が家は、読み比べの直接対決の結果、朝日新聞を捨て、讀賣新聞を選んだ。

 とは言っても、讀賣新聞の記事にも感心できないことはいっぱいある。ちょっと前になるが、5月1日の朝刊社会面で、イラクでの人質事件から解放された今井さん・郡山さんの会見記事と、わざわざ並べるようにして、’「自己責任論」は悪者か’と題する、楢崎憲二・社会部部長のコラムが載っていた。

 これがあまりにお粗末な内容だったので、なんだか悲しくなってしまった。

 骨子は次のようなものだ。

・「他に責任を転嫁する前に、まず自らの責任を明らかにするべきではないのか。つまり、責任転嫁との対比で厳しく問われたのが自己責任だった。」(原文より)
・被害者の家族や被害者は、自己責任論をある程度理解して謝罪した。それなのに、一部では「政府に反対する人間の口は封じるのか」という議論が強まっている。いたずらに危機感をあおるのはフェアではない。(「」内は原文)
・「こうした議論は、政府は悪、民間は正義とする、もう一つの思い込みから出ていないだろうか」(原文より)

 まず、責任転嫁と自己責任の対比だけど、これは単純に間違っている。「自己責任」という言葉自体、政府が責任を転嫁するための言葉だからだ。「退避勧告」が法的強制力を持たないのに対して、海外滞在者を含めた邦人保護は外務省設置法に定められた日本政府の重要な任務だ。「保護する責任は政府にある。でも、政府に反対している人を保護するのはバカらしいな。本人の責任、ってことにしてしまえ」ということだろう。「自己責任」という言葉のウサン臭さに関しては以前書いたことがあるし、わざわざトラックバックを下さった方もいらした。そちらを参照していただいてもいい。

 最後の「政府は悪、民間は正義、の思い込み」だが、政府が無条件に悪だなんて誰が言っているのだろう。大量破壊兵器なんて存在しないことを知りながら、イラクに戦争をふっかけて、イラクのみなさんの命も自国の兵士の命も粗末にあつかう米英。それに追従する日本政府。その点で日本政府は間違っているとは思うが。

 順番が逆になるが、真ん中の「被害者は自己責任を理解した」とか「被害者以外の態度はフェアでない」について。政府関係者・マスコミ・ネットなどから、あれほどバッシングを受けたら、被害者の家族や被害者としては、謝罪するほかなかっただろう。当事者でない、周囲の人間が助け舟を出したりバランスをとろうとするのは当然だ。「当事者が納得したのだから、周囲の人間は口出しするな」、というのなら、その態度こそフェアではない。

 後、2点書きたい。

 今井さん・郡山さんの会見記事によると、お二人は「自己責任といわれるのは心外」と考えているらしい。その会見記事にならべて、わざわざ自己責任論を擁護するコラムを置くことは、フェアな態度であろうか。

 また、「政府は悪、民間は正義、の思い込み」などと大雑把な論調で、逆に政府を全面的に支持することは、マスコミとして望ましい態度だろうか。新聞としての存在意義にかかわるのではないだろうか。

 本当に悲しくなった。契約が切れたら、讀賣新聞もやめよう。
posted by Honeywar at 15:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | Honeywarの主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月18日

「自己責任」というウサン臭い言葉

 最近、平日は仕事が忙しすぎて、新聞なんて読めない。昨日久しぶりに読んでいたら、イラクで誘拐され、解放された3人の人質のみなさんに対して、政治家達が口々に厳しい言葉を投げかけている記事が載っていた。福田官房長官・河村文部科学相・川口外相・中川経済産業相・井上防災相といったみなさんだ。今話題になっている(らしい)「自己責任」と言う言葉をそのまま使っているのは河村文部科学相だが、他のみなさんもおおむね3人の被害者の「自己責任」に言及し、非難している。

 「責任」に「自己」をつけた、この妙な言葉。

 責任っていったら、普通、自分でとるよな。わざわざ「自己」をつける、ってのは、何かウラがあるぞ。(これは直感的に思ったこと)

 連想したのは、数年前に放送されていた、証券投資に関するいくつかのCMだ。「欧米では自己責任において投資するのが常識です」とか、ずいぶんタカビシャなものいいのCMがあった。証券会社のCMなんかにもこの言葉が登場していたような記憶がおぼろげにある。

 バブル期には、大口の投資家には「損失補てん」をしたり、「この株は絶対儲かりますから」という法律違反の誘い文句で小口の投資家を勧誘したり。証券会社の中には、そんなことをやっていた会社もあったらしい。バブルが崩壊し、投資が集まらなくなったので、一生懸命宣伝して、「ぜひ投資して下さい。ただし、損をしてもあなたの「自己責任」ってことでよろしく」というのが、さっき書いたCMの背景だろう。

 証券投資のCMの不愉快さはつまり、バブル期に無責任な方法で投資を募っていた立場の人間が、自分の責任を棚上げして、また都合よく金を集めよう、という下心が見えることだろう。後ろめたさがあるもんだから、こういうタカビシャなものいいになったんじゃないかな。

 それに、’あなたの「自己責任」’。ああ、これだ。「自己」といいつつ、相手に責任をなすりつけようという意図が見える。だからなんかウサン臭いんだ。

 うしろめたいから、タカビシャに、あなたの「自己責任」、と言う。なんかイラクの人質事件に関する政治家の言葉と似ているぞ。大量破壊兵器なんて存在しないことを知りながら、イラクに戦争をふっかけて、イラクのみなさんの命も自国の兵士の命も粗末にあつかう米英。それに追従する日本。うしろめたさがあるから、こんなに口々に「自己責任」を繰り返すんだろう。

 これから身の回りで、「自己責任」という言葉を使う人がいたら、気をつけるようにしよう。
トラックバック先はこちら
posted by Honeywar at 13:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | Honeywarの主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月31日

「Broken Windows Theory」の和訳

 仕事の合間、休憩室に行ったら、テレビで大リーグ中継が。日本の小泉首相と、米国の前ニューヨーク市長・ジュリアーニさんが始球式を務めていた。ジュリアーニさん、来日していたことは読売新聞で知っていたけど、わざわざ地元チームの始球式のために、こんな世界の辺境に来ていたの?
 ....そんなはずはない。ジュリアーニさんと言えば、ニューヨーク市の治安を飛躍的に好転させたことで有名。それで読売新聞社の招きで、「治安再生」をテーマに日本各地で講演するらしい。確かに今の日本、もちろん全盛時代(?)のニューヨークほどではなくても治安は悪化している。対処は早いほどよいに決まっている。日本も学ぶべき点は取り入れるべきだ。
 ジュリアーニさんの治安回復法、それは、「破れ窓理論(Broken Windows Theory)」として知られている。窓が壊れた空き家があったとする。すぐに窓は修理すべきだ。さもないと、そこは無法者の住みかとなり、やがて大きな犯罪の温床となる....
 同じように、小さな犯罪をこまめに検挙して行けば、大きな犯罪の防止につながる、というのが「破れ窓理論」の骨子だったはずだ。いきなり大犯罪を犯す人は少なく、小さな犯罪からスタートして、やがて大きな犯罪を犯す人の方が圧倒的に多い、という統計に基づいていた理論だと思う。
 賛成、賛成。日本でも、軽微なうちに警察に届けられたのに、警察が不問に付している間に大きな犯罪に結びついた例がたくさんあるはずだ。「悪い芽は早いうちに摘む」というのはこの場合正しいだろう。
 ところで、日本に取り入れるなら、「破れ窓理論」はやめてくださいね。もっとわかりやすく、日本で定着した言い回しを使って、「嘘つきは泥棒の始まり」理論、あるいは「悪い芽は早く摘め」理論、と言ってください。いや、よくあるじゃないですか、わかりづらい輸入品の言い回し。「破れ窓理論」....と言われてもピンと来ないですよ。
posted by Honeywar at 00:34| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Honeywarの主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月13日

「こだわり」に異議あり

 昨日はこだわりの話をした。どうも最近「こだわりの逸品」とか「音へのこだわり」とか、「こだわり」という言葉をよく聞くような気がする。「こだわりは大切にした方がいい」という価値観もあるようだ。
 でもね、こだわり、ってそんなにいいもんじゃないんじゃないかな。
 こだわりって、「本来どうでもよいことにとらわれる狭い心」のことのはずだぞ。大工さんを例にしよう。誰の目にもつかない天井裏や、押入れの中に、見事な彫り物を施しておく、ってのは確かに「こだわり」だよな。本来どうでもよいことだから。でも、「ここの柱は、建物の強度を高めるために重要だから、節目のない丈夫な木材を使おう」とか、「下っ端職人がヘマをして、柱がゆがんでしまった。一度取り壊して、最初から立て直そう、費用はこちら持ちで」とか言うのだったら、それは「こだわり」とは言わないだろう。「新庄、いや、信条(どうして僕の辞書はこういう変換をするんだろう。まぁいいけど)」とか「矜持」とかいうものだろう。
 「大事なことだから、この原則は絶対守る」というのは「こだわり」とは正反対なものだと思う。
posted by Honeywar at 00:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Honeywarの主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。