2004年08月13日

冴えないような冴えてるような話

 小田急線から、いつものとおり登戸駅で南武線に乗り換えようとする。目の前で一本行ってしまった。まぁ、次もすぐ来る。急ぐことはない。

 ....と、思っていたら、電車が来ないこと来ないこと。あんだ? まさか休日ダイヤとかじゃないだろうな、いくらお盆週間だからって、こちとら働いているのに。

 ....違った。車両故障で遅れているんだって。どっちにしろ、朝から冴えてないや。電車は空いてて、楽ではあるけれどさ。

 電車に乗って、稲田堤 [いなだづつみ] 駅に差し掛かる。社内に「次はぁ、いなだつつみぃ、いなだつつみぃ」とアナウンス。すると、目の前に座っていた子供、「いなかのねずみ?」だって。

 いいぞ、冴えてるじゃないか、子供。
posted by Honeywar at 00:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。