2004年06月20日

泉の森を散策

 自宅のある神奈川県・大和市は、「林間」がつく地名が多い。はっきり言って昔はこのあたり一帯、全部森林だったんだろう。

 自宅近くに、引地川の水源池を囲む原生林を生かした「泉の森」という公園があるのは知っていた。けど、ここに住み始めてもう9年になるというのに、一度も行ったことがなかった。

 平日の仕事で疲れきっているとはいえ、家でジッとしているより、ちょっと体を動かす「積極的休養」をした方が疲れがとれるかもしれない。と思って、実家への長期帰省から一時帰宅中の妻と一緒に行ってきた。
 いや、おもしろかった。

 梅雨の晴れ間・たどり着くまで十数分歩いただけで汗ばむような陽気なのに、林の木陰の中は(多分)マイナスイオンが出まくり、涼しいこと。善良そうな住民のみなさんが思い思いに散策し、親子連れが(多分)ザリガニ釣りに興じ、子供が水遊びで楽しむ。せせらぎには、最近すっかり見かけなくなったアメンボ。散策路の中心で、ひっくり返ってもがくカナブン。足で起こしてやると、ジッとして「死んだふり」。

 池に向って、望遠レンズを向ける方々が多数。なんだろう、と思ってそちらの方に行くと、池の中につき立った木に、きれいな緑色のカワセミが止まっている。飛び立った! 一瞬、ものすごいスピードの羽ばたきで空中に静止すると、ついーっと水面に平行に飛びすぎていった。魚でも狙いに行ったのかな。

 なんてこたぁないけど、楽しいな。お金もかからないし。また行こう。
posted by Honeywar at 01:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222968

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。