2004年04月18日

目立たない貢献

 ここで書くことは、ちょっと連想したり想像したり、というたぐいのことで。根拠はありません。

 酒見賢一さんの小説「墨攻」の冒頭に、こんなエピソードが出てくる。

 楚の国王が宋国と戦争をしようとしている。それを知った墨子は楚王の目の前で、友人の兵器技術者・公輸盤[こうしゅはん]と論争する。公輸盤がくりだすあらゆる兵器による攻撃も、墨子には防御できることを証明し、ついに楚王に戦争をやめさせることに成功する。楚王の屋敷を出た墨子、雨にあったので、とある門の軒下に雨宿りをしようとしたが、門番に追い払われる。平和なのは誰のおかげだ、と思わず怒る墨子。しかし言っても無駄と悟り苦笑い....

 酒見賢一さんの創作、というより、もしかしたら「史記」とかに出てくるエピソードなのかもしれない。それはともかく。

 大量破壊兵器なんて存在しないことを知りながら、イラクに戦争をふっかけて、イラクのみなさんの命も自国の兵士の命も粗末にあつかう米英。それに追従して派兵している日本。派兵をやめさせようと、誘拐事件発生。ところが人質にとられたみなさん、イラクのストリートチルドレン救済に当るボランティアや、劣化ウラン弾の実態を調査したり、イラクの実態を写真報道するために来たジャーナリスト。いわばイラクの味方だ。

 米国企業の警備にあたっていたイタリア人人質が既に一人殺害されているのとは対照的に、日本人人質が無事に解放されたのは、ここら辺の事情が大きいはずだ。日本人人質解放のキーパーソンである、イラク・イスラム聖職者協会のクバイシ師も、自衛隊派兵自体には反対していらっしゃるようだし。

 それで、先に書いた墨子のエピソードをちょっと思い出した。日本と違って、国民全員がマスコミ報道に触れられるような状況ではないとは言え、日本に「イラクの味方」がいることがテロリスト達にも伝わったかもしれない。日本国内でのテロ発生の確率が、ほんの数パーセントでも下がったかもしれない。だとしたら平和への大きな貢献だ。でもそんなことは誰にもわからない。証明もできない。かえって、「世界中に迷惑をかけた」などと、同胞から意味のわからない罵声を浴びせられるだけだ。

 最初に書いたとおり、これはあくまで、ちょっとした連想と想像。全然根拠はありません。
posted by Honeywar at 14:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。